2008年06月28日

カンナさん大成功です!(DVD)

kanna.jpg

2006年 韓国  監督:キム・ヨンファ
キム・アジュン、チェ・ジンモ、イム・ヒョンシク、ソ・ユン

身長169センチ、体重95キロのカンナ(キム・アジュン)は
美声を生かして音楽業界に入ったものの、舞台裏でスター歌手の声を当てる日々。
ある日、思いを寄せるプロデューサー、サンジュン(チュ・ジンモ)が
「カンナには才能はあっても美ぼうがない」と言っているのを耳にしたカンナは
美ぼうを手に入れるために大手術を決意する…



誰からも相手にされなかったカンナさんが
美女になったとたんに
全ての男性から優しくされるというシーンが
コミカルに描かれているけど妙にリアル(笑)


整形美女が多いという韓国。

女性の整形は認めていても
自分の彼女だけはして欲しくないという男性の意見も
何となくわかるような気がしますが

好きな人に振り向いてもらいたくて整形をするという
女心もわかって欲しいですよね わーい(嬉しい顔)


オススメ度 ★★★☆ 3.5 (ヒロイン役のキム・アジュンの歌声もステキです)
posted by さくらこ at 17:37| 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

魔法にかけられて

mahou.jpg

2007年 アメリカ  監督:ケヴィン・リマ
エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、スーザン・サランドロン
ジェームズ・マースデン、ティモシー・スポール、イディナ・メンゼル

“アニメーションの世界”に暮らす心優しいプリンセスのジゼルは
夢にまで見た王子様との結婚式の当日、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられ
世にも恐ろしい世界へ追放されてしまう。
そこは“おとぎの国”とは正反対の刺激的な“現代のニューヨーク”で
ジゼルはパニックに陥ってしまう…



とても評判が良さそうなので観てきました わーい(嬉しい顔)

ただ、こちらではもう吹替版しか上映されていないので
子供向け作品に さらに拍車がかかって… (^^;

(歌のシーンくらいは字幕でもいいんじゃない?)

でも楽しかったです るんるん


「メラニーは行く!」
「グレイズ・アナトミー」のシェパード先生でおなじみの
パトリック・デンプシーがステキでした。優しい笑顔が好き ハートたち(複数ハート)


オススメ度 ★★★ 3 (リスのヒップが とっても可愛い♪)

posted by さくらこ at 21:47| 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

恋するレシピ〜理想のオトコの作り方〜(DVD)

risou.jpg

2006年 アメリカ  監督:トム・デイ
マシュー・マコノヒー 、サラ・ジェシカ・パーカー 、ズーイー・デシャネル
ジャスティン・バーサ 、ブラッドレイ・クーパー 、キャシー・ベイツ

トリップは35歳にもなっていまだ両親と同居してお気楽な毎日を送っているダメ男。
そんな息子の行く末を案じた両親は
親離れしない男の自立を促すというカウンセラーのポーラを雇うことにする…



うんうん、楽しかった るんるん
ロマンティック・コメディは、やっぱりいいですね〜(^^*

マシュー・マコノヒーといえば
『評決のとき』『アミスタッド』『U−571』など
秀作な人間ドラマにも 数多く主演していますが

『ウェディング・プランナー』『10日間で男を上手にフル方法』
そして 今作のようなコメディタッチな作品の方が私は好き。

ツッコミどころもたくさんありますが、それもまた楽しいです。
posted by さくらこ at 10:02| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

メラニーは行く!

mera.jpgpi.140729.00.jpg

2002年 アメリカ  監督 : アンディ・テナント
リース・ウィザースプーン / ジョシュ・ルーカス / パトリック・デンプシー
キャンディス・バーゲン / メアリー・ケイ・プレイス


NY市長の息子に求婚された新進デザイナー・メラニー(リース・ウィザースプーン)
幸運の絶頂と思いきや
実は彼女は離婚に首をタテに振らない夫(ジョシュ・ルーカス)を故郷に残していた。

過去を清算して幸運をつかむため
メラニーは決意を胸に帰郷し、夫ジェイクに離婚を迫るのだが…



いい加減しつこい。。 と言われそうですが
ジョシュ・ルーカスを追いかけて『メラニーは行く!』を再見。

う〜〜〜ん、やっぱり このジョシュが大好き るんるん


作品自体の感想も
公開時に映画館で観たときよりも、ずっと良かったと思えるのは
ジョシュに気持ちが向いているせいでしょうか…(^^*


続きを読む
posted by さくらこ at 17:19| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

理想の恋人.com

must.jpg

サラ(ダイアン・レイン)は8カ月前に離婚したバツイチ30代。
男やもめの父親を始め、家族中がサラの幸せを願っているが
まだ心の傷が癒えないサラは少々うんざり気味だ。
とは言え、新たな出会いに期待する気持ちもあった。

そんなある日、姉キャロルと妹クリスティンがサラになりすまし
出会い系サイトに やや過剰気味なプロフィールを掲載。
嫌々ながら候補者に会っていくが、まともな相手が見つからない。
だが自分と似た境遇で 愛犬家ジェイク(ジョン・キューザック)に出会い
2人は少しずつ距離を縮めて行くのだが…



可愛いワンちゃんとダイアン・レイン目当てのDVD鑑賞。2005年の作品です。
“出会い系サイト”での恋人探しっていうのが今どきでいいですね(笑)

主役2人の恋の行方も楽しみですが
サラの父親(クリストファー・プラマー)の恋人探しや
サラを心配してお節介をやく大家族の関係が温かくていいのです。


一度離婚を経験しているから余計に臆病になる
バツイチ男女の恋愛を楽しく描いた、見るだけで元気になれる作品です。
posted by さくらこ at 22:37| Comment(0) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

B型の彼氏

bgata.jpg

女子大生のハミ(ハン・ジヘ)は運命の出会いを信じている女の子。
ある時、間違いメールの相手ヨンビン(イ・ドンゴン)と偶然の出会いをしたことから
「彼こそ運命の相手!」とロマンチックな妄想にはまりこむが
A型の彼女はB型の彼のマイペースぶりに振り回されることになる…

彼氏にしたくない男性 bPに輝くB型男性と慎重なA型女性の恋の行方を描いた作品。



あっはっは! 確かに こんな男性 絶対に彼氏にしたくな〜いexclamation×2

頑固で自分勝手で自意識過剰。
心配してくれる彼女に「干渉されるのが一番嫌いなんだ」と
面と向かって文句をいうところも最悪〜!


でも、一緒にいたら楽しいかもしれないよ♪と思うのは
私がB型女だからでしょうか… (^^*

続きを読む
posted by さくらこ at 20:43| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

Mr.& Mrs. Smith

smith.jpg

運命的な出逢いののち、灼熱の愛の勢いに任せて
電撃結婚をしてしまう “Mr.& Mrs.スミス(スミス夫妻)”
しかし 実はこの2人、相手には死んでも知られたくない秘密の“顔”を持っていた。

Mr.スミス(ブラッド・ピット)の正体は
たぐいまれなる直感で数々の修羅場をくぐり抜けてきた一匹狼の殺し屋。
Mrs.スミス(アンジェリーナ・ジョリー)は
最新鋭のテクノロジーを駆使し緻密にミッションを遂行する暗殺エージェントのエース。

お互い 《プロの暗殺者》 であることを隠して平然と結婚生活を送っていたのだった…



スーパースターの共演というと
キャストは良くても内容的には いまひとつ… ということが多いのですが
これは文句なしに面白かった〜☆

ブラッド・ピットにアンジェリーナ・ジョリー
カッコイイ 2人を観ているだけでも嬉しいのに、ストーリーも楽しくて

久しぶりに 痛快なアクションラブコメディを観れて大満足♪

posted by さくらこ at 00:00| Comment(0) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

スライディング・ドア

sliding.jpg

ジェリー(ジョン・リンチ)と同棲中のヘレン(グウィネス・パルトロウ)は
遅刻が理由で会社をクビに。
最悪の気分で駅に向かった彼女は電車に乗ろうとするが
乗り込む寸前にドアが閉まってしまう。

だが、もし この電車に間に合っていたら…?
この時からヘレンの人生は、2つの運命に分かれて展開されていく。



電車に乗れなかったヘレンと、電車に乗っていたヘレン
“2人のヘレン”が同時進行で描かれているところが面白かったです。

続きを読む(ちょっとネタバレかも…)
posted by さくらこ at 11:05| Comment(0) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

ミート・ザ・ペアレンツ2

meet2.jpg

恋人パム(テリー・ポロ)の父親(ロバート・デ・ニーロ)から
ようやく結婚の許しを得たグレッグ(ベン・スティラー)。
今度は両家の親たちを引き合わせることになるのだ
グレッグは この対面に気が気ではない。

ジャックには両親は弁護士と医師だと言ってあるが
実のところ、父(ダスティン・ホフマン)は専業主夫
母(バーブラ・ストレイザンド)はセックス・セラピストという
かなり変わった両親なのだ…



あの『ミート・ザ・ペアレンツ』が
4年の時を経て、さらにパワーアップして帰ってきました(嬉)

しかも今度は
ロバート・デ・ニーロとダスティン・ホフマンの“コメディ” 対決!

いや〜、面白かった♪

母親役のバーブラ・ストレイザンドとブライス・ダナーも、とっても良かったし
ワンちゃんも可愛い(^^*


何があっても負けない
グレッグとパムの“愛の強さ”にも感激です。

posted by さくらこ at 23:46| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

サイドウェイ

sideways.jpg

離婚のショックから立ち直れない 小説家志望のマイルス(ポール・ジアマッティ)は
結婚を1週間後に控えた大学時代の親友ジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)と
カリフォルニアのワイナリーへ旅に出る。

男2人のワイン三昧の気ままな旅は
ワイン好きの魅力的な女性マヤ(ヴァージニア・マドセン)との出会いをきっかけに
マイルス自身を見つめ直す旅へと変わっていく…



ジャックの独身最後の旅の “目的” を思うと
男ってヤツは、まったく… と呆れるけれど(笑)

この2人を見ていると
いくつになっても子供みたいで笑えるし、男の友情っていいな〜と思うのです。


まぁ、目的はなんであれ
ワイン片手に、美味しいものを食べながら
気の合う友人(恋人)と一緒に、こんな素敵な旅ができたらいいですよね。


熟成されたワインのように
人との関係も、人生も、ゆっくりと時間をかけて 熟成させていきたいものです。
posted by さくらこ at 10:21| Comment(5) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

プロポーズ

pro.jpg

ジミー(クリス・オドネル)は若さと自由を謳歌する独身男。
女の子とつきあっても、結婚の話になると すぐに逃げ出してしまう。

そんな彼の許に 祖父が亡くなったとの知らせが入る。
大金持ちで 日頃から「早く結婚しろ」と言いつづけていた祖父は
彼に1億ドルの遺産を残していた。
ただし相続の条件は“30歳の誕生日の午後6時までに結婚していること”というもの。
それは、なんと明日だった!



遺産相続のために結婚しなければならなくなった男性を巡るラブ・コメディ。

結婚はしたいけれど
素敵なプロポーズをしてくれなくちゃ イヤ〜!という女性を演じる
レネー・ゼルウィガーが、とっても可愛くみえました。

楽しいプロポーズ大作戦です♪


1億ドルの遺産かぁ…(羨)
posted by さくらこ at 22:06| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

ウィンブルドン

wim.jpg

ピーター・コルト(ポール・ベタニー)は
かつて世界ランキング11位までのぼり詰めたプロ・テニスプレーヤーだが
現在の成績は119位。
特別枠でなんとかウィンブルドンへの出場権を手に入れたものの
頭の中には引退の文字がよぎっていた。

そんな彼がホテルで偶然出会ったのが
優勝候補として期待されているリジー(キルスティン・ダンスト)
2人は瞬く間に恋に落ち、そのお陰かピーターは全盛期の頃の調子を取り戻すが…。



珍しく、キルスティン・ダンストが可愛くみえてしまったのは
どうしてでしょう?(笑)
『チアーズ』の時もそうでしたが 彼女には元気いっぱいの役が似合いますね。

そして、ポール・ベタニーは文句なしに、ス・テ・キ♪


DVD特典の中に
「ロマンチックな作品もいいなぁ… と出演を決めたのに
 数ヶ月もテニスの特訓ばかりでまいったよ」
というポール・ベタニーのコメントがありましたが
役者や製作側の苦労がうかがわれるほどテニスプレーのシーンはよくできていました。


愛する人の笑顔と優しい言葉は 何よりもパワーになるんですよね。
愛の力って本当にスゴイ☆
posted by さくらこ at 17:08| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

ペギー・スーの結婚

peggy.jpg

仕事にかこつけて女をつくっている夫チャーリー(ニコラス・ケイジ)と
別居中の妻ペギー・スー(キャサリン・ターナー)。
そんな彼女にある日、高校の同窓会の知らせが届いた。

パーティーに出席し 懐かしい面々と昔話に花を咲かせるペギー。
ところが、高校当時のようにキングとクイーンを選ぶメイン・イベントで
クイーンに選ばれた彼女は、興奮のあまり倒れてしまう。
そして目を覚ますと25年前の高校三年の時代にタイムスリップしていた…。



製作は1986年。今から20年ほど前の作品です。

何が楽しいって
若かりし頃のニコラス・ケイジやキャサリン・ターナー、ジム・キャリーが見れたこと!
(ジョーン・アレンが今と変っていないのにはビックリ。
 昔から老け顔だったのね…  失礼 ^^;)


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズもそうだけれど
タイムスリップする話は大好き。

もしも、過去に戻れるとしたら、いつの時代に戻りましょうか?

こうして考えているだけでも楽しいですよね♪
posted by さくらこ at 08:02| Comment(0) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

10日間で男を上手にフル方法

10day.jpg

「10日間で男を上手にフル方法」という失恋体験記を書くために
男にわざとフラれようとする女性誌編集者アンディ(ケイト・ハドソン)。

彼女が選んだ標的は
広告代理店に勤めるプレイボーイのベン(マシュー・マコノヒー)。
彼は彼で、狙った女を恋人としてパーティに連れて行く賭けを仲間としていた。

共にタイムリミットは10日間。
そうとは知らず、互いに標的となって恋愛ゲームを楽しむうちに…



ラブコメは、そこそこ面白ければ満足できちゃうけれど
これはもう大満足♪

主演のケイト・ハドソンの笑顔が本当に可愛いから
見ているだけで心が和みますよ。

(少々ネタバレありの)続きを読む
posted by さくらこ at 23:12| Comment(0) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ミート・ザ・ペアレンツ

meet.jpg

恋人にプロポーズしたい!
でも、その前に彼女の父親の許しを得なければいけない。

娘を溺愛している父親は 元CIAの尋問のプロ、“人間嘘発見器”といわれた男。
さぁ、どうしよう。。

世界一、いや、宇宙一 運の悪い男の プロポーズ大作戦。



やることなすこと裏目に出てしまう ドジな彼氏役にベン・スティラー。
父親役は、あのロバート・デ・ニーロ! 笑顔がめっちゃ怖い(笑)


これはもう、文句ナシに楽しい♪
一度笑い出すと止まらない私には 大変苦しい作品でした。

しかし、そんな笑いの中にも
父親の娘に対する愛情や恋人同士の強い絆が感じられて
思わず涙がポロリ。。

疲れた心を癒してくれる清涼剤になること間違いなしです。
posted by さくらこ at 22:38| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

メラニーは行く!

pi.140729.00.jpg

NY市長の息子に求婚された新進デザイナー・メラニー(リース・ウィザースプーン)。
幸運の絶頂と思いきや
実は彼女は離婚に首をタテに振らない夫(ジョシュ・ルーカス)を故郷に残していた。

過去を清算して幸運をつかむため
メラニーは決意を胸に帰郷し、夫ジェイクに離婚を迫るのだが…



優しい王子様のような NY市長の息子から
「さぁ、好きな指輪を選んで」 と
ティファニーを一晩借りきって夢のようなプロポーズ☆

故郷に残してきた夫も、これまた とっても素敵な男性で…

うーん、くやし〜い!!
どこがいいのか!?このメラニー。

自分勝手でワガママだけど
自分の気持ちに素直なところがいいのかな。

「羨ましぞ〜!」度100%の 楽しいラブストーリーです。
posted by さくらこ at 22:55| Comment(0) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

ノッティングヒルの恋人

not.jpg

ロンドンにある平凡な街 ノッティングヒル。
そこで小さな本屋を経営するウィリアム(ヒュー・グラント)の店に
ある日偶然 ハリウッドスターのアナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)が訪れる。
互いに運命を感じた2人は、やがて恋に落ちるが…



有名ハリウッド女優と平凡な男の恋の行方をユーモアたっぷりに描いた
とても楽しいラブストーリーです。

コメディーの要素を盛り上げてくれる
ウィリアムの同居人スパイク(リス・エヴァンス)が大のお気に入り(笑)


少し前に DVDで
様々な女優たちが、結婚や恋愛・子育てについて語る
『デブラ・ウィンガーを探して』を見て
女優が一人の女性として生きていくことの大変さを教えられたばかりなので

改めて、この作品を見て
“一人の女の子”として恋をする
アナの切ない気持ちが、とてもよくわかりました。


ノッティングヒルの街並み、季節の移り変わり。。映像も音楽もステキです。
posted by さくらこ at 23:33| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

ハート・オブ・ウーマン

heart.jpg

ある日突然
女性の考えることの全てが「声」として聞えるようになってしまった男と
キャリアウーマンとして生きてきた女の
もどかしく切ない恋の行方を 楽しく描いたラブ・ストーリー。



あの、男の中の男 を演じたら誰にも負けないメル・ギブソンがですよ。

ミュージカルまがいのダンスを踊っちゃうわ(これがなかなか!)
パンティ・ストッキングを履いちゃうわ(サイコ〜☆)
脱毛ワックスを試しちゃうわ(爆・爆)

とにかく楽しい♪


いつも元気にふるまっていても、本当は淋しがり屋。
そんなキャリア・ウーマンを演じているヘレン・ハントにも
とても共感できて

大笑いしながらも、二人の恋の行方から目がはなせないのです。

続きを読む
posted by さくらこ at 09:43| Comment(0) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

恋愛適齢期

renai.jpg

63歳の富豪ハリー(ジャック・ニコルソン)は
若い女性とばかり付き合っているプレイボーイ。
そんな彼が、恋人の母親エリカ(ダイアン・キートン)に恋をしてしまう。

50代でバツイチ、劇作家として成功を収めたエリカもハリーに好意を抱くが
年下の素敵な青年医師(キアヌ・リーブス)からも告白され…



ダンディな年上の男性と年下の青年医師、2人から愛される女性。

う〜〜ん、なんとも羨ましいお話です (いいな、いいな♪)


とても楽しく描かれているので
主人公と一緒になって ドキドキ・ワクワク♪
大声で笑ったり 思いっきり涙を流してみたり…

いくつになっても「恋する気持ち」持ち続けていたいですね。

続きを読む
posted by さくらこ at 00:01| Comment(0) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

愛しのローズマリー

rose.jpg

外見だけで女性の価値を判断し
スーパーモデルのような若くて美しい女性ばかりを追い続けていた主人公ハルが
自己精神治療法のエキスパートに
内面の美しい女性が美人に見える催眠術をかけられたことによって
美に対する視界と価値が一変し、そこから初めて真実の愛を知る。



催眠術をかけられた後に出会う、知的でユーモアもあるスリムな美女ローズマリー。
・・・と、ハルにはそう見えるのですが
実は彼女は136キロの体重にコンプレックスを持つ女性なのです。
(それを、グウィネス・パルトローが演じているところが面白い)


このローズマリー
病院のボランティア活動をしながら平和部隊へも志願しているという
とてもピュアな心を持つ素晴らしい女性です。

でも 外見に強いコンプレックスを持っている。

映画だから大袈裟な体重設定になっていますが
このように外見に悩みを抱えた人は多いと思うんです。

それに、どんなに素敵に見える人でも
「自分は完璧!」と思っている人なんて、いないのではないでしょうか?

続きを読む
posted by さくらこ at 09:16| Comment(3) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。