2005年09月26日

メゾン・ド・ヒミコ

himiko.jpg

ゲイである父を嫌い、その存在さえも否定して生きてきた沙織(柴咲コウ)。
ある雨の日、彼女のもとに春彦(オダギリジョー)という男が訪ねてくる。
彼は 沙織の父・卑弥呼(田中泯)が癌で死期が近いと言い
父の営むホームを手伝わないかと誘う。

“メゾン・ド・ヒミコ” ― ゲイのための老人ホーム。
彼らはここで出会い、いつしか微妙で不思議な関係が芽生えていく…



愛すること・老い・死にゆく者・残される者 etc
いろいろなことを考えさせられました。

観た直後よりも
時間が経ってから じわじわ…と 心に沁みてくるのです。


卑弥呼を演じる田中泯さんの圧倒的な存在感。
その恋人役のオダギリジョーさんの色気(もうビックリ!)
メイクダウンした柴咲コウさんの可愛さ。

是非ご覧になって下さい。



ゲイである父を、どうしても許せない娘。

死の床につきつつある恋人に
何もしてあげられない苦しみを抱えた男。

ゲイであることを隠しているために
離れて暮らしている息子や孫に会えない男。

女性の格好をしたいのに、それができない哀しみ。

心では惹かれあっていても
肌を合わせることができない男女の切なさ。


一人一人のエピソードが明るく描かれている分
余計に その切なさが伝わってくるのです。


… … …


男の格好をして生まれてきたから「男」
女の格好をして生まれてきたから「女」

それが当たり前だと思ってきたけれど

心の中は好きな「性」を選んでもいいじゃないか…と
この作品を観て初めて思いました。


男女の愛情よりも
結びつきが深いかもしれない同性の恋愛。

まだまだ わからないことばかりです。
posted by さくらこ at 00:07| Comment(0) | 切ない愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。