2005年09月21日

ノッティングヒルの恋人

not.jpg

ロンドンにある平凡な街 ノッティングヒル。
そこで小さな本屋を経営するウィリアム(ヒュー・グラント)の店に
ある日偶然 ハリウッドスターのアナ・スコット(ジュリア・ロバーツ)が訪れる。
互いに運命を感じた2人は、やがて恋に落ちるが…



有名ハリウッド女優と平凡な男の恋の行方をユーモアたっぷりに描いた
とても楽しいラブストーリーです。

コメディーの要素を盛り上げてくれる
ウィリアムの同居人スパイク(リス・エヴァンス)が大のお気に入り(笑)


少し前に DVDで
様々な女優たちが、結婚や恋愛・子育てについて語る
『デブラ・ウィンガーを探して』を見て
女優が一人の女性として生きていくことの大変さを教えられたばかりなので

改めて、この作品を見て
“一人の女の子”として恋をする
アナの切ない気持ちが、とてもよくわかりました。


ノッティングヒルの街並み、季節の移り変わり。。映像も音楽もステキです。
posted by さくらこ at 23:33| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わーー、すごい増えてる、記事が。
半分ぐらいは観てるけど、DVD借りてきたいものが、いっぱい。とても参考になるよ、さくらこ。

ノッティングヒル、前にテレビでやってたよね。
よかったなー、ああいう映画好きです。
オペラ座の怪人、恋火も、大好き。

「四月の雪」恥ずかしながら、一人でこっそり観て来ました。別にヨンスケが観たくて行ったわけじゃないよ(笑)
流石に、おばちゃんとおねえちゃんしか居なかったけど、観に行ってよかった。。。
いろいろ考えさせられる、後から効いてくる映画だったなあ。
いろいろな人の立場で考えてしまいました。

「黄泉がえり」がよかったから、「この胸いっぱいの愛を」も、恥ずかしいけど観に行くつもり。カップルや若い女性の中、一人で観ると変態オジサンに思われるといけないので、しっかりスーツ姿で行くのです。涙が出たら、隠れるように
ハンカチで拭うのです。

じゃあ、またね

 
Posted by やまちん at 2005年09月25日 01:23
やまちゃん、こんばんは(^^)
「とても参考になるよ」なんて言われると嬉しいです。ありがとう♪

つい先日レンタル店にいった時にラブストーリーのコーナーを見てきたら、まだまだ見ていない昔の映画がいーーーっぱいあるから、映画館での新作映画だけじゃなくて、時間をみつけて家ではDVDで映画鑑賞♪
楽しみに更新しているから、またチラチラのぞいてね。

『四月の雪』、私はすごく好きな作品です。
ん??ヨンスケ?おいおい!ヨン様と呼んでくれ〜(笑)

『この胸いっぱいの愛を』も楽しみですね。
絶対泣けそう・・。

>変態オジサンに思われるといけないので、しっかりスーツ姿で行くのです。
>涙が出たら、隠れるようにハンカチで拭うのです。

やまちゃんのこういうところ、いいですね。
私はほとんど一人で観にいくから、同じように一人で見に来ている人のことは、すごく気になるのです。
女性はともかく、男性であまり変な格好している人の近くには絶対に座りたくないと思うもの。
これからも素敵な紳士でいてくだいね。
Posted by さくらこ at 2005年09月25日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。