2005年09月17日

天国の本屋〜恋火

koibi.jpg

生きているのに「天国の本屋」にスカウトされた ピアニストの健太(玉山鉄二)。
伝説の “恋する花火” を復活させようとする和菓子屋の看板娘 香夏子(竹内結子)。

会ったことのない二人は、天国と地上で あるひとつの 失われた恋を追いかけていた。

天国と地上を交錯させながら
愛する人へ想いを伝えることの美しさと切なさを描く 心温まる作品。



この世では結ばれなかった二人が
「天国」と「地上」という離れた場所で 互いを想い続け
音楽と花火を通して永遠の愛を誓い合う。

なんてロマンチックな お話でしょう。


こういう作品を観ると
自分の気持ちを素直に伝えることが
どんなに大切か、よくわかりますね。


画面いっぱいに彩られる美しい花火と優しい音楽…

人を愛するって素敵なことだと思える作品です。
posted by さくらこ at 00:08| Comment(2) | 純愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竹内結子さん画面で見られなくなって、残念です。
元気な赤ちゃんを産んで、早く復帰して欲しいですね。
ママになった竹内結子さんはどんなふうに幅が広がるのか、楽しみです。
Posted by くぅ at 2005年09月20日 10:05
竹内結子さん、いいですよね。

映画ではもうすぐ
妻夫木くんとの共演で三島由紀夫原作の『春の雪』が公開されるのですよ。
妻夫木くんの映画は見逃したことがないので
ワクワクしながら待っています。

結子さんはママになっても変わらないような気がするなー
いつまでも彼女のあの透明感を感じていたいです。
Posted by さくらこ at 2005年09月21日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。