2007年09月21日

クローズド・ノート

closed2.jpg closed.jpg

2007年 日本  監督:行定勲  原作:雫井脩介
沢尻エリカ 、伊勢谷友介 、竹内結子 、永作博美 、板谷由夏
田中哲司 、サエコ 、中村嘉葎雄 、黄川田将也

香恵はバイトとサークルに勤しむごく普通の大学生。
ある日、前の居住者が置き忘れたノートの束を見つける。
興味本位でノートを手にする香恵。
そのノートが開かれた時、彼女の平凡な日常は大きく変わり始める…



久しぶりに試写会が当たったので行ってきました。


原作を読んだのは、一年ほど前だったでしょうか
ストーリーの流れはわかっているので
どのように映画化されているのか、それを楽しみに観てきました。


香恵役の沢尻エリカさんは可愛いし、伊勢谷友介さんは素敵。
竹内結子さんの透明感のある美しさは彼女の役にぴったり ぴかぴか(新しい)

現代の出来事だとは思えないレトロな雰囲気のする場所・彼女たちの服装も
この物語に合っていて、とても良かったです。

* * * * *


人の日記を覗きみる…

いけないことだとわかっていても
ページを捲りたくなる気持、わかるような気がします。

そこに恋愛の話が書かれていたら、なおさらでしょう。


考えてみると
映画を見たり、小説を読むのも同じようなものだし
ネット上のブログやミクシィで
これだけ日記サイトが人気があるというのも納得できます。



つい先日のこと
友人が娘から恋愛の話を聞いて
久しぶりに胸がドキドキして切なくなったと話していました。

娘や友人など身近な人でなくても
人の恋愛話を聞いて、同じように胸が苦しくなることってありますよね。


この作品の主人公も
部屋に残されていた日記を読んで
その日記の持ち主の恋や生き方を自分と重ね合わせていきます。



人との出会いは 対面という形だけでなく
このお話のように、文章や言葉から、ということもあって

そういう出会いでも
相手に大きな影響を与えるものなんですね。



先に原作を読んでいたので
映画作品として純粋に観られなかったのが残念ですが

ひとつの物語として、私は好きな作品です(^^)


雫井脩介さんの作品は他に「虚貌」「火の粉」を読みました。

「犯人に告ぐ」は豊川悦司さん主演で10月末に公開されます。
こちらは未読なので、原作を先に読もうか、どうしようか
今 考えているところです。
posted by さくらこ at 20:32| Comment(4) | 純愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沢尻エリカさんの印象ってあんまり私の中でよくないんです。
女王様キャラのせいかな?
そんな私でもこの映画は楽しめるでしょうか?
クローズド・ノート、すごく気になっていました。
Posted by kuwa at 2007年09月22日 08:02
kuwaさん、こんにちは♪

娘が帰っていたので試写会に一緒に行ったのですが
「試写会行く?」と聞いた時に
まず「沢尻エリカか・・、どうしようかな」といってましたから…
でも、結局は一緒に行って、映画は映画で感動してましたよ。

沢尻エリカさんは女性にはあまり評判よくないですよね(^^;

私は、あの派手なお化粧が、どうも好きになれません。
あんなに可愛い顔をしているのにね。。。
この役柄は、とても地味な女の子なので
素顔のようなメイクが、とてもよかったです(^^)

キャストはどうあれ、映画は映画で楽しめると思いますよ。
Posted by さくらこ at 2007年09月23日 17:03
沢尻エリカさん、映画やドラマではどの役も可憐で素敵なのに、
この間の記者会見、びっくり!
でも、消えてしまうには惜しい女優さんだよね。
Posted by くぅ at 2007年10月09日 11:45
くぅさん、こんにちは(^^)

沢尻エリカさんの顔って大好きなんですよ〜
今度生まれ変わるなら、あんなお顔に・・と思っています(^^*

未見ですが「パッチギ」とか、「手紙」も可愛かったよね。
この作品でも、ちょっと大人っぽい女の子の役が
とっても可愛かったんですけどね…

今の若い女優さんにはない女王様キャラで
それもまたいいんじゃないか、と思っていましたが
さすがに、あの試写会での態度は「これはないだろ〜!」と思いましたよ。

これからどうなってしまうんでしょうか。
とても気になっています。
Posted by さくらこ at 2007年10月10日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。