2005年07月26日

いま、会いにゆきます

imaai.jpg

「雨の季節になったら ママは必ず戻ってくる」
小学一年生の佑司は、一年前に病気で死んだ母・澪が残した言葉を固く信じていた。
父の巧も 有り得ないことだとわかっていながら、つい空模様が気になってしまう。
そして 梅雨に入ると、本当に澪が姿を現す。ただし、彼女は一切の記憶を失っていた。
家族のことはおろか 自分が死んでしまったという事実も…



原作を読んで感動した作品は
映画化された時に、そのギャップにガッカリ、、ということが多いのですが
これは本当に良かった。。 始めからずっと うるうる状態。

映像がとってもキレイなんですよね。

木々の緑・雨の音・出てくる人々の優しさ…
ひとつひとつのシーンを 心の中で大切にしまっておきたくなります。



エンディングテーマ ORANGE RANGEの「花」の歌詞にありました。


  花びらのように散りゆく中で 夢みたいに 君に出逢えたキセキ

  愛し合って ケンカして 色んな壁 二人で乗り越えて

  生まれ変わっても あなたのそばで 花になろう




星の数ほど多くの人がいるなかで
心から大切だと思える人に出逢うことは、まるで奇跡のようなもの。

だから、その出逢いを大事にしていきたいし、何が起こっても一緒にいたい。


そして 生まれ変わっても、あなたのそばで花になりたい…
posted by さくらこ at 01:07| Comment(0) | 永遠の愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。