2007年06月02日

しゃべれども しゃべれども

syaberedomo.jpg

2007年 日本  監督:平山秀幸  原作:佐藤多佳子
国分太一 、香里奈 、森永悠希 、松重豊 、八千草薫 、伊東四朗

思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉。
そんな彼の教室に、無愛想で口下手な美女・十河五月
大阪から引っ越してきたものの、勝ち気なためにクラスに馴染めない小学生・村林優
毒舌でいかつい面相の元野球選手・湯河原太一が通い始める。



評判が良さそうなので観てきました。

そうですね、こんな言い方はよくないのかもしれませんが
普通に面白かったです わーい(嬉しい顔)


まず、キャストについて。

国分太一くんがいいですね〜
最近では司会者としてもバラエティでも大活躍の彼ですが
国分くんだということを忘れてしまうくらい落語家・三つ葉になりきっていました。

いつの間に、こんなに成長したんでしょう。
ジャニーズファンの私としては嬉しい限り ぴかぴか(新しい) (親の気持)

ヒロイン役の香里奈さんも
彼女には似合わないような無愛想で口下手な役柄を上手に演じていました。

脇を固めるベテラン勢の
松重豊さん、八千草薫さん、伊東四朗さんの素晴らしさは
改めて言うまでもありませんね。


で、驚いたのは、子役の森永悠希くん。
あまりに面白くて可愛いので、「どこの天才子役 exclamation&question 」と思ったら
オーデションで選ばれた新人だというじゃありませんか!もうビックリ。

彼がひと言いうだけで、あちこちからクスクスと笑え声が聞こえてくるくらい
観る人の心をグッとつかんでいました。これからの成長が楽しみです。


* * * * *


心の中でどんなに思っていても
それを言葉にできないと相手には伝わらないのですから
人とのコミュニケーションって難しいですよね。


この物語に出てくる人たちは
人に自分の気持を伝えることができなくて悩んでいる。

それを「落語を通してなおそう」という発想が面白いですね。



私は、顔を見て話すのであれば
初対面の人との会話も人前で話すのも、わりと平気なほうですが

気持を きちんと相手に伝えられているだろうか…と考えると
その自信はないのです。


そして、この頃、本当に難しいと感じるのがネットやメールでの会話。

このブログを見ても おわかりのように、ボキャブラリーが貧困なので ふらふら
心の中で感じていることの半分も伝えられてないような気がしています。


コメントの返信も難しいです…

とくに、時間のない時に焦ってレスをした場合は
失礼なことを平気で書いているときがあって
後で読み返しては反省しています (本当にごめんなさい もうやだ〜(悲しい顔)


面と向かって話すのであれば
相手の表情や話し方から気持がわかって会話もできるのですが
文字だけだと、相手の心の中がわからないから
読む方の解釈の仕方で
思いもしない言葉で人を傷つけてしまうこともありますよね。

そう思うと、こうして文字を打っているのも怖くなってしまいます。



でもね、ちょっとしたひと言から元気をいっぱいもらえたり
嬉しいときもあるんですよね。

だからやめられないのかな。。 メールもブログも。



映画の感想とは、ちょっとずれてしまいました(しかも長いし)
ここは笑ってお許し下さい。

やはり 言葉で気持を伝えるのは難しい… (^^;

posted by さくらこ at 21:19| Comment(2) | 温かい愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もね、しゃべることが下手というか、人見知りして人としゃべることがニガテで、この中に出てくる三人の気持が良くわかります。あれほど無愛想でもないですがね。(^_^;
そんな、しゃべりが苦手な3人を指導していくうちに、若葉自身の変化というか成長するところが、できすぎですけど、そこが良いですよねー。(笑)

村林役の森永君の落語の時の演技は、ストーリーの中で見てたビデオの関係での演出でなのか、桂枝雀さんの仕草にも見えましたですよ。
とても初の演技とは思えないくらいです。

言葉も、文章も難しいです。(汗)
Posted by アンパンまん at 2007年06月09日 00:25
アンパンまんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

この作品「普通に良かった」と感想の始めに書きましたが
「普通に良い」って難しいことなんですよね。。
今日は『そのときは彼によろしく』を観にいってガッカリしたので
今は特にそう思います(^^;

アンパンまんさんは人見知りでしたか。
いや、オフ会で初めてお目にかかったときはそうは思いませんでしたが…
人見知りって、一見してわからないところで自分が思うことなんでしょうね。

子役の森永くんは本当に可愛かった♪
笑顔がサイコーに良かった。
桂枝雀さんのマネをして落語をする場面は一番見応えがありましたね(^^)
Posted by さくらこ at 2007年06月09日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。