2007年05月25日

機械じかけの小児病棟(DVD)

kikai.jpg

2005年 スペイン  監督:ジャウマ・バラゲロ
キャリスタ・フロックハート 、リチャード・ロクスバーグ 、エレナ・アナヤ

エイミーはイギリスのワイト島にある閉院間近の小児病院に
夜勤看護士として雇われる。
同僚のヘレンと交代し、彼女は勤務についたが、初日の夜に大きな物音を聞く。
患者のマギーは、シャーロットという霊の存在を彼女に打ち明けるが…



洞窟ホラーが続けてハズレたので、今度は病院もの。

前にジョシュ・ルーカスを追いかけて
セッション9』という精神病院ものを見たけれど
病院の夜って、何も出なくても、ただそれだけで怖いよね がく〜(落胆した顔)


* * * * *



怖い映画で好きなのは、洞窟もの・病院ものの他に
『スクリーム』『ラストサマー』などの学園もの
『シャイニング』『13日の金曜日』などキャンプやホテルが舞台のもの。

普通の家とか、日常生活に密着しているような場所は
実際におこりそうなので苦手 ふらふら



そういえば最近、DVDレンタルでは
ラブストーリーよりも怖い映画を選んでしまうことが多い。
(ブログも路線変更しないといけないかしら…)


怖い映画が好きって、心理学的に見てどうなの?

危ない人?
刺激が欲しい(足りない)?


いやいや、そんなことない。
私は普通の人間ですが。


深層心理はどうなんでしょう。。 ひっひっひ(笑)


さぁ、次は 『ソウ3』 だよ exclamation 手(グー)
posted by さくらこ at 20:19| Comment(4) | 歪んだ愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テレビで、怖いものを見るのは脳トレするくらい脳が働いて脳の活性にいいと見たことがありますよ。
深層心理的にはどうかわからないんですが・・・。
Posted by kuwa at 2007年05月26日 08:14
Kuwaさん、こんばんは(^^)コメントありがとうございます。

確かに、脳の活性にはいいような気がします。
「キャ〜〜〜!」と大騒ぎしながらも、見たあとは気分スッキリ♪って。
でもこんなことで気分スッキリさせていいのか…と
密かに悩んでもいます(笑)

怖い映画を見ているときは脳内でアルファ波が出ていると
昔、何かの番組でやっていて
その頃から、怖い映画がますます好きになったような気がします(^^)
Posted by さくらこ at 2007年05月26日 22:50
『機械じかけの小児病棟』、私も観ましたよ!
病院ホラーは確かにコワいですよね。(^^;
ヒロインが・・・アリーmyラブのキャリスタだってのも違う意味でコワかったです。(笑)
私もDVD鑑賞のホラー作品の感想をアップしたいとは思っているのですが・・・なかなかおっつけなくて・・(爆)
そうそう、おススメなんですが、最近ソウばりのDVDジャケットが多い中・・・
『ループ』って作品、なかなか良かったですよ。
キャストも知らない俳優ばっかりで、何ともB級ホラーの感があるのですが・・・
コレがなかなか侮れない!
デジャブで何度も殺されるアタシ!ってな物語なんですけどね・・・おススメ!^^b
Posted by ラクサナ at 2007年05月28日 23:54
ラクサナさん、こんばんは。コメントありがとうございます(^^)

ラクサナさんも怖い映画好きですよね〜。仲間がいて嬉しい♪(笑)
病院ものは、映像を見ているだけでコワイ…
独特の雰囲気がありますよね。

>最近ソウばりのDVDジャケットが多い中・・・

そうそう!本当に多いですよね。
私もそれに騙されて『パズラー』なんてのを借りてみましたが
ガッカリ作品でした。。(でも懲りもせず「2」が出ています)

『ループ』ですね。しっかりチェックしました♪
ラクサナさんのオススメホラー作品、是非ブログで紹介してくださいよ〜
楽しみに待ってますね♪(^^*
Posted by さくらこ at 2007年05月29日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。