2006年11月18日

ただ、君を愛してる

tada1.jpg

2006年 日本  監督:新城毅彦  原作:市川拓司
玉木宏 、宮崎あおい 、黒木メイサ 、小出恵介
上原美佐 、青木崇高 、大西麻恵

何も言わずに自分の前から姿を消した静流(宮崎あおい)に会うため
誠人(玉木宏)はクリスマスでにぎわうNYへとやってきた。

6年前、誠人は個性的な静流と出会い、静流は一目で彼に恋をした。
写真が趣味の誠人と一緒にいたい一心で、静流もカメラを扱い始めるが
誠人は別の女性みゆき(黒木メイサ)に片思いをしていた…



ドラマ「のだめカンタービレ」を見てから
すっかり、玉木宏くんのファンになってしまいました。

美形で、クールに見えるのに面白いことも平気でやってしまう
そういう人が私の理想の男性なのです(^^*

そういえば別の番組でも
そこまでしていいの!?っていうくらいの「ヘン顔」を披露していましたっけ(笑)


でもお目当ては玉木宏くんだけではなく
大好きな映画『いま、会いにゆきます』の原作者・市川拓司さんの小説
「恋愛寫眞 もうひとつの物語」の映画化だということ。


今は観たい映画がたくさんあるので
レンタルでもいいかな…と少し思いましたが
映画館で観て良かった。。。(感動 もうやだ〜(悲しい顔) ) オススメです☆


予備知識なしで観た方が絶対にいいので
これから観ようと思っている方は、この先は読まないでくださいね。

* * * * *


(以下、完全ネタバレありです)


物語は、現在から始まって大学時代の2人の出会いまで遡り
それがずっと誠人目線で進んでいくので
彼と同じ気持ちになって
NYで静流と再会できることを楽しみにドキドキしてしまいました。



でも、静流はもう この世にはいなくて
写真の中でしか会うことはできなかった…

失って初めて気づく大切な想い。。 それでは哀しすぎますよね。


静流の気持ちは、すごくよくわかるんです。
愛する人の心の中で、いつまでも元気な自分でいたい。

逝ってしまうほうとしては、それが理想なんです。


でも、遺された方は辛いですよね… 

こんな別れがくる前に、もっと会って、もっと話して
ぎゅーーーっと抱きしめたかったことでしょう。




実は、一週間ほど前に
娘の大学のクラスメート(男の子)が交通事故に遭い
20歳の若さで、この世を去ってしまったのです。

娘たちの哀しみも相当なものでしたが
親御さんの気持ちを考えると、もう…


このようなことが身近にあったのもそうですが
他の色々なこととも重なり、胸がいっぱいに。。



普段あまり意識することはないかもしれませんが
死はいつも私たちのすぐ近くにあって
(早かれ遅かれ)それは決して避けられないものなんですよね。


だから、愛する人と一緒にいられる間は
大切な思い出をいっぱい作っていきたいと…

心からそう思いました。
posted by さくらこ at 21:53| Comment(12) | 純愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上の文章を読まないようにコメントしています。
私としては、宮崎あおいサンが観たくて、機会をうかがっています。
若手女優でピカイチだと思ってます。「NANA」のモノローグに痺れました。
どうもこの映画では非常に美しく撮れているとか・・・。
Posted by kaoru1107 at 2006年11月19日 22:05
kaoru1107さん、こんばんは。
指先を怪我してしまって、ネットできない状態でした。
レスが大変遅くなって申し訳ありませんでした。(^^;

↑では玉木宏くんのことばかり書いてしまいましたが
宮崎あおいさん、とっても良かったですよ〜!
この子の笑顔がすっごく好きです♪可愛いですよね。
あおいさんのファンには、特にオススメの作品ですよ☆
Posted by さくらこ at 2006年11月23日 19:49
こんにちは〜〜!
>ドラマ「のだめカンタービレ」を見てから
すっかり、玉木宏くんのファンになって
わ〜い♪ 私もで〜す♪
ついでに昨夜の「ビストロスマップ」での食べっぷりの良さで、更に玉木くんのファンになってしまいましたー!
ごめんなさいね、映画のことじゃなくて(笑)
Posted by マダムS at 2006年12月06日 20:42
マダムSさん、こんにちは(^^)

そうなんですか〜♪♪
マダムさんも「のだめカンタービレ」を見ていらっしゃるんですね♪
面白いですよね(笑)

「ビストロスマップ」私も見ました、モチロン★
食べっぷりよかったですね〜
美味しそうに食べる人って好きです(^^*

あと、玉木くんは声がいいですね。やっぱり声には弱い私です。
それから、玉木くん自身は嫌いだといっていましたが
あのポテっとした唇が大好きです。ふふっ♪

映画以外のこと、大歓迎です(笑)
Posted by さくらこ at 2006年12月07日 17:21
やっとネタバレありの感想が読めました!
いや〜良かった!
玉木君は「ウォーターボーイズ」の時から、妻夫木君より好きなタイプだし・・・愛知県出身ですもんね!^^

静流と同じように、少しだけど体のコンプレックスを持つシーンもあって、2人の惹かれあう様が本当に自然で良かった。
この作品でも、ちょっと天然な感もありの(笑)玉木君ゆえに、哀しい話のラストもほのぼのと良かった気がします。

でもさくらこさんの・・・
>ぎゅーーーっと抱きしめたかったことでしょう。
には、も一度泣かせて貰いました・・。(TT)

そして宮崎あおいちゃんでなくては出来ない静流の役どころ、やっぱりあおいちゃんイイですよね〜好きだわこの子!^^
最後の大人っぽい写真に、ぐっときながら「胸は大きくなってないぞ!」っと娘と同時に突っ込んではしまいましたけど・・・。(笑;)

Posted by ラクサナ at 2007年04月16日 17:36
ラクサナさん、コメントありがとうございます(^^)
この作品、いいですよね〜。原作も良かったですよ♪

『ウォーターボーイズ』の玉木くんはお笑い系でしたよね(笑)
私は妻夫木派でしたけど、最近では玉木くんもいいな〜♪
そうそう、愛知県ですもんね〜☆
セントレアで玉木くんを見たとか、友達が話していました。
地元だとそういうチャンスもあって嬉しいですね(^^*

宮崎あおいちゃん、イイですね〜
今の若手女優さんの中では蒼井優ちゃんと2人がお気に入りです。
胸? たしかに〜(爆)
Posted by さくらこ at 2007年04月18日 23:09
ご無沙汰です。
ようやく本作、レンタルで鑑賞しました。
原作は未読ですので比較はできませんが、シナリオにも演出にも不満があって、私にとって傑作足りえないのでした。

しかし、しかしです。本作の宮崎あおいは素晴らしいですね!
フォトジェニックな可憐さと質の高い演技力とが見事に融和していて、ラストでは玉木君と一緒に涙が溢れました。

どうせなら、前半は不細工メイクを施しておいて、後半は写真展示までは素顔を見せないというくらい徹底してくれた方がよかったかもしれません(笑)。
批判もしましたが、紛れも無く非常に美しい映画でありますし、それには大きな価値があると思います。
Posted by kaoru1107 at 2007年06月17日 19:35
Kaoruさん、こんばんは。コメントありがとうございました(^^)
感想のところにも書きましたが
ちょうど、この映画を観る少し前に娘の友人が事故で亡くなったこともあって
この映画にはかなり入り込んでしまいました(T_T)
後に原作も購入しましたが、映画とほとんど同じでした。

宮崎あおいちゃん、良かったですよね〜!
ラストの写真展の写真には、私も涙が溢れました。
彼女の自然な演技と笑顔がとても好きです(^^)
Posted by さくらこ at 2007年06月19日 21:28
こんにちは。
お仕事や家事大変そうですね。
無理はなさらないように。

じつはこの映画も見たいと思っているんですが、今とっても泣きたい気分なんです。
たまに「涙を流さないと、元気にやっていけないわ」と思うときがあるんですが、今がそうなんです。
「ただ、君を愛してる」みたいな作品で、感動で涙があふれて・・・っていう、さくらこさんのおすすめ作品がありましたらぜひ教えてもらいたい。
できれば洋画で・・・。
洋画好きなんです。
もちろんこの作品も近々借りようと思っています。
よろしくお願いしま〜す。
Posted by kuwa at 2007年07月08日 17:59
kuwaさん、こんにちは(^^)コメントありがとうございます。

映画のことを話すのが大好きなため
ブログを書き出すと他のことがなかなかできなくなってしまうので
忙しい時はお休み宣言することにしました。
(そうでもしないと、気になってしまうので ^^;)

>無理はなさらないように。
ありがとうございます(^^)

泣ける映画ですか。。
すぐにはサッと思い出せなかったのでHPの方の「泣ける映画」リストから
ちょっと昔の映画になりますが
「アイ・アム・サム」「ゴースト」「ジョンQ」「パッチ・アダムス」
「評決のとき」「マイ・ライフ」
邦画でしたら「サトラレ」「いま、会いにゆきます」が好きです。


「今とっても泣きたい気分。。」って…
kuwaさん、大丈夫ですか?

でもそういう気分の時ってありますよね。
そういうときは思いっきり涙を流してスッキリさせるのがいいですね(^^)
Posted by さくらこ at 2007年07月09日 17:26
早速お返事、ありがとうございました。
「マイ・ライフ」昔、映画館に見に行ったことを思い出しました。
懐かしい。
また見てみようかな?
ありがとうございます。

ブログを書き出すと他のことができなくなるってすごくわかります。
やりたいことたくさんあるのに、ブログを書いててあっという間に一日が終わってしまったなんてことあります・・・。
少しむなしくなりますよね。

昔からよく涙を流すほうなんです。
映画見てもすぐ泣くし・・・。
泣くとすっきりするんですが、それが自分の中で普通になってしまったようで、すっきりしたい→泣くみたいな図式になっているんです。
せっかくだから、心を暖かくして泣きたい。
それでさくらこさんに頼ってしまいました。
忙しいときにすみませんでした。
ありがとうございました〜♪
Posted by kuwa at 2007年07月10日 08:14
そうなんですよね〜
やりたいこと・やらなきゃいけないことがたくさんあるのに
その前にちょっとだけネットを・・なんて
お友達のブログとか覗いていると、あっという間に時間が過ぎてしまって
気がつけば、何時間パソコンの前に座ってるんだ!?って
昔はそんなことばかりでした(^^;;;
ブログでのオシャベリをしている最中は楽しいんですが
そう、、少し虚しくなるんです。

ブログの更新も、ちょっとプレッシャーになっていたりして…
少しお休みすれば気分もかわるかな〜〜と思っていますが

大切なのはやっぱり「リアル(現実)の世界」なんで
とりあえず、しなければいけないことをちゃんとしないと
…と最近は特にそう思っています(^^)

(ほら、また喋りだしたら止まらなくなってる…、笑;)

「心を暖かくして泣きたい」ってKuwaさんの言葉、いいですね。

泣けるか、泣けないかっていうのは、その時の心の状態にもよるので
何年か経って、また同じ映画を見ても
別の視点から見ることができて、泣ける場所も違ったりして
面白いものですよね。
Posted by さくらこ at 2007年07月11日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。