2006年11月06日

手紙

tegami2.jpg tegami.jpg

2006年 日本  監督:生野慈朗  原作:東野圭吾
山田孝之 、玉山鉄二 、沢尻エリカ 、吹石一恵 、尾上寛之

直貴の兄は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で誤って人を殺し服役中だった。
大学進学もあきらめ、数度にわたる引越しと転職…
夢は、幼なじみの祐輔とお笑いでプロになることだったが
毎月刑務所から届く兄の手紙が彼を現実に引き戻す。

自暴自棄になる直貴を深い絶望の底から救ったのは
常に現実から目をそらさず
日の当たる場所へと自分を引きずり出してくれる由美子の存在だった。



まずは、キャストについて。。

主人公・直貴を演じる山田孝之くんがいいですね。
切ない思いを抱えた男性を演じたら、今の若手俳優ナンバーワンでしょう ぴかぴか(新しい)
あの泣き顔が、たまらなく可愛いのです。

そして、兄・剛志を演じる玉山鉄二くんの抑えた演技も良かった。
山田くんとは本当の兄弟のようでした。2人、よく似てるんですね〜


で、ミスキャストなのが沢尻エリカちゃん。
原作の由美子は地味なタイプなので、監督も不細工メイクを試したようですが
どんどん可愛くなって困ってしまったとのこと がく〜(落胆した顔) (笑)

あれだけ可愛い子が、あんなに性格良いわけないもの〜

いえ、ただのやっかみです。。 すみません (^^;

* * * * *


東野圭吾さんは大好きな作家です。

最近は、小説は購入せずに図書館で借りて読むことにしていますが
東野さんの作品だけは手元に置いておきたいので
近著「赤い指」まで、ほとんどの作品は持っています。

この「手紙」は、罪を犯した者について、とても厳しい視点で描かれていて
物語の主人公である、犯罪者の弟・直貴の
はい上がっては落とされ続ける人生が、あまりにも可哀相だったため
どのように映像化されるのか心配していたのです。


「罪を犯すとはどういうことか、刑罰とは何なのか、真の更正とは…
 そんなことを考えながら書きました」 (原作者:東野圭吾)

「人間って捨てたもんじゃねえ、ってことを伝えたかったんです」(監督:生野慈朗)




原作者と監督の言葉が、この作品のすべてを表していました。
つまり、原作と映画とはテーマが違うのです。


でも、共通しているのは、直貴が働く会社の会長がいう言葉。


「我々は君のことを差別しなければならないんだ。
 自分が罪を犯せば家族をも苦しめることになる
 ―すべての犯罪者にそう思い知らせるためにもね。
 
 差別のない場所を探すんじゃない、君はここで生きていくんだ」



何があっても、ここで生きていかなければならないんですよね。



TVドラマ化された「白夜行」にしても、この「手紙」にしても
原作があまりにも非情なため
本を読み終った後は遣り切れない気持ちでいっぱいになりましたが

2作品とも原作とは少し違った角度から映像化してくれたので
救われた気持ちになれました。

さて、次はどの小説を映像化してくれるのでしょうか。。 とても楽しみです。
posted by さくらこ at 10:01| Comment(4) | 切ない愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『手紙』観てこられたんですね。
原作は、かなり前に読んだのだけれど、インパクトのある内容でした。
観たい映画ですね。
でも、DVDを待つとしようかな。

『沢尻エリカ 』さん、わたし以前間違ってブログに、「池尻エリカ」 さんって書いたら、その名前での検索がず〜っと未だに続いているのぉ〜
さくらこさんも、江尻エリカさんになってますよ〜(^^;)
Posted by くぅ at 2006年11月06日 15:11
くぅさん、こんにちは。コメントありがとう♪

くぅさんがHPの「こころうち」に
この「手紙」の感想を書かれていたの覚えていますよ。
本当に、インパクトのある内容でしたね。
DVDで十分だと思うので、レンタルを待って見てみてください。
特に、こういう泣ける映画は、お家で一人で思いっきり泣きながら見たいです。

ひゃ〜っ!「江尻エリカさん」になってました〜!
急いで訂正しておきます。ありがとう(^^)
Posted by さくらこ at 2006年11月06日 17:17
試写会で見ました。
さくらこさんは、原作を読まれてるんですね。
兄の手紙に涙し、手を合わせて弟を見ている兄に、涙が止まりませんでした。
Posted by MACHI at 2006年11月11日 11:49
MACHIさん、こんばんは。
レスが遅くなって申し訳ありませんでした。

これは原作を読んで思いっきり暗くなったので
映画の方も心配したのですが・・・ 良かったですね。
私も涙がとまりませんでした。
Posted by さくらこ at 2006年11月14日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。