2006年07月31日

時をかける少女

toki.jpg

2006年 日本  監督:細田守
(声)仲里依紗 、石田卓也 、板倉光隆 、原沙知絵 、谷村美月

高校2年生の紺野真琴は
自転車事故をきっかけに時間を跳躍する能力を持ってしまう。
その能力のことを叔母の芳山和子に相談すると
それは “タイムリープ” で、記憶の確かな過去に飛べる能力だという。
半信半疑の真琴だが、日常の些細な不満やストレス解消などのため
むやみやたらに能力を乱用しだし…



夏の大作ものは早めに観てしまうので
あとは子供向けの作品ばかりになって
毎年 この時期になると観たい映画がなくなってしまいます… (^^;

この『時をかける少女』も普通だったら通り過ぎてしまうのですが
各映画サイトでの評判が良さそうなので観てきました。

(それに比べて ジブリの『ゲド戦記』は… ふらふら


うんうん、これは良かった、面白かった るんるん

* * * * *



「時をかける少女」といえば、思い出すのは原田知世さんの歌。

  
  あなた 私のもとから
  突然消えたり しないでね

  二度とは会えない場所へ
  ひとりで行かないと誓って
  私は 私は さまよい人になる

  時をかける少女 愛は輝く舟
  過去も未来も星座も越えるから
  抱きとめて



素敵な歌詞でしたよね。

肝心の物語の方は、ほとんど覚えていなかったのですが
こんな良いお話でしたっけ…??


時間を跳躍できる能力を身につけたのに
食べ損なったプリンや、友だちのために時間を行き来する姿が面白いのです(笑)

高校生らしく可愛いエピソードが多いので
子供向けの作品かと思うと、そういうわけでもなく

「時間を戻すことはできないんだよ。(だから 今を大切に生きなさい)」という
さりげないメッセージも伝わってきて

観終わったあとには、とても爽やかな気分になれる。オススメの作品です☆
posted by さくらこ at 09:07| Comment(10) | 青春ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひゃ〜コレ、コチラのアニメ版も気になっておりますが・・・混んでて映画館の通路に座り込んで観た原田知世版の方に、かなり思い入れがありまする。
ラストがちょっと切ないんですよね〜。(*-.-*)
Posted by ラクサナ at 2006年08月01日 00:54
ラクサナさん、おはようございます。
原田知世版、たしか観たと思うのですが全く覚えてないんですよ。
これってドラマにもなったんですよね。
ラベンダーの香りをかぐと、タイムリープするという話だったような…

この作品は、そのリメイク版というわけではなく
原田知世が演じた女性の姪の話で
その叔母さんも映画の中に登場してきて相談にのってくれたりするんですよ。
よくできた物語だと思いました。

楽しいばかりの話かと思うと、そうではなくて
最後はやはり切なくて… 良かったです(^^)
Posted by さくらこ at 2006年08月01日 08:38
学生時代の大切な映画が原田知世版で、最初に買ったDVDだったりもします。だから細田守版はどうか…と思ってましたが、とんでもないですね。いい歳をして、こちらもまた“大事な1本”になりましたよ。主題歌のCDもレンタルしちゃいました。今度のトキカケは、徹底して前向きに生きる姿勢がイイですね!
Posted by kaoru1107 at 2006年08月09日 22:08
Kaoru1107さん、初めまして♪
コメントありがとうございました(^^)

面白くて、切なくて・・、良い映画でしたよね。
アニメということで子供向けかと思っていましたが、とんでもない!
あの前向きな姿勢が本当にイイですよね☆

私も、こんなに一生懸命に生きていた時代があったのかなーーなんて
学生時代をふと思い出してしまいました。

主題歌も良かったですよね♪
Posted by さくらこ at 2006年08月10日 08:12
さくらこさん初めまして。

私は原田知世の『時をかける少女』を見たことがないんですけど、
アニメの方を見て気になっています。
やっぱり、アニメのように最後は切ないのでしょうね...
Posted by しょう子 at 2006年08月17日 11:27
しょう子さん、初めまして。コメントありがとうございました。
原田知世版の『時をかける少女』は、見た記憶はあるのですが
実はあまり覚えていないのです。
でもたしか切ないお話だったような気がします。

そちらのブログへおじゃましたのですが、コメントを入れることができませんでした。
どうしてでしょう…?(^^;
なので、こちらに書かせていただきますね。

これは良い映画なのに上映館が少ないのが本当に残念。
もっと多くの人に観ていただきたいですよね。
『日本以外全部沈没』、私もとても興味があります。
本家(?)の『日本沈没』より良いかもしれませんね(笑)
Posted by さくらこ at 2006年08月17日 16:40
あれ...コメント機能はどうしちゃったのでしょうか??コメントまでくださろうとしたなんて感謝です。とにかく、私のブログに訪問してくださり、ありがとうございました★

『日本沈没』はヒドイと聞きますね。私は草薙くんの出演している映画はちょっと苦手です。
熱い演技に、ちょっと引き気味というか。
でも、すごいと思います。
Posted by しょう子 at 2006年08月17日 21:04
『ハードキャンディ』も観られたんだ〜!
都会はやっぱり違いますよね。
ミニシアター系の作品は、こちらではあまり観られないもの…
いい映画がたくさん観られて良かったですね♪

『日本沈没』は、ツッコミどころ満載の作品でした(笑)
それでも見に行く人が多いのは、リメイクという懐かしさもあるんでしょうね。
(私もそうですが)

剛くんの作品、ドラマはわりと好きなんですけどね〜
熱い演技・・ たしかに(笑)
Posted by さくらこ at 2006年08月19日 08:25
原田知世の歌がなつかしい。アニメ版はリメイクじゃないんですね。
原作は彼女の劇場版のほかTV版にもなりましたね。
Posted by たくろう at 2006年08月21日 01:45
たくろうさん、おはようございます。

この原田知世さんの歌は、作詞作曲がユーミンなんですよね。
歌詞がすごく好きです♪♪
このアニメ版はリメイクではないのですが
かつてのヒロインが叔母として出てきて
アドバイスをするのが、昔のファンとしては嬉しいですよ(^^)
Posted by さくらこ at 2006年08月21日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。