2006年06月16日

メラニーは行く!

mera.jpgpi.140729.00.jpg

2002年 アメリカ  監督 : アンディ・テナント
リース・ウィザースプーン / ジョシュ・ルーカス / パトリック・デンプシー
キャンディス・バーゲン / メアリー・ケイ・プレイス


NY市長の息子に求婚された新進デザイナー・メラニー(リース・ウィザースプーン)
幸運の絶頂と思いきや
実は彼女は離婚に首をタテに振らない夫(ジョシュ・ルーカス)を故郷に残していた。

過去を清算して幸運をつかむため
メラニーは決意を胸に帰郷し、夫ジェイクに離婚を迫るのだが…



いい加減しつこい。。 と言われそうですが
ジョシュ・ルーカスを追いかけて『メラニーは行く!』を再見。

う〜〜〜ん、やっぱり このジョシュが大好き るんるん


作品自体の感想も
公開時に映画館で観たときよりも、ずっと良かったと思えるのは
ジョシュに気持ちが向いているせいでしょうか…(^^*


* * * * *


前はラブストーリーとして見て
こんなステキな男性2人から愛されて
「羨ましいぞ〜〜!」という気持ちばかり残りましたが

今回は、故郷の友人や両親
そこに住む人々との人間ドラマの部分が 心に沁みました。



南部の田舎から都会へ出て、デザイナーとして成功をおさめ
優しい王子様のような NY市長の息子から
「さぁ、好きなものを選んで」 と
ティファニーを一晩借りきって夢のようなプロポーズをされても

本当に居心地のいい場所はどこなんだろう… と
“自分探し”をしていくメラニーと同じ気持ちになって
喜んだり悲しんだり…


小さい町に住んでいると、ちょっとしたことが噂になったり
消してしまいたい過去を いつまでも憶えている人がいて
それがとても鬱陶しく思えるのですが

そういった過去の出来事も含めて
変わっていく自分を包んでくれるような優しさを感じることもあるんですよね。


ちょっとやりすぎ〜!!ふらふら という部分もありますが
女性なら共感できるところもたくさんあるのではないでしょうか。



思いっきり我が儘だけれど
自分の気持ちに いつも正直に生きているメラニーの
愛と心の成長を描いた作品。 これはオススメです☆
posted by さくらこ at 17:19| Comment(2) | 楽しい恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日テレビ放映があって、見ました。やっぱりこのジョシュ素敵ですよね。
ウォルター少年〜も、こちらでは今月放映予定です。(^^)
Posted by MACHI at 2006年07月14日 15:22
ねっ、ねっ、ねっ☆
ジョシュを追いかけて過去の作品を9つほど見ましたが
私もこのジョシュが一番好きです♪♪♪

一番好きなシーンは、最後の方で
硝子工房の2階から階段を下りてきてメラニーと目が合うときのジョシュ♪
それから、飛行機に乗っていく直前の顔も好きだし
友だちの中にいるときのジョシュも好きだし
最初の方でメラニーとケンカしているジョシュも面白くて好き。
(結局は、どれもこれも全部好き♪^^*)
この作品、何度見ても飽きませんよ。ほんとほんと。

『ウォルター少年と夏の休日』もいいですよね〜
楽しみですね(^^)
Posted by さくらこ at 2006年07月14日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。