2006年05月27日

LIMIT OF LOVE 海猿

umizaru.jpg

潜水士として大きく成長した仙崎大輔(伊藤英明)は
恋人・環菜(加藤あい)との将来に悩みながらも
現在は鹿児島・第十管区で吉岡哲也(佐藤隆太)とともに汗を流していた。

そんな中、鹿児島沖 3キロで乗員・乗客 620名を乗せた大型フェリー船が座礁。
沈没までの残された時間はあと 4時間。
さらに船内には 195台の車両が積載され、引火すれば大爆発の恐れが…

刻々と迫るタイムリミットの中、バディの吉岡とともに救難活動をする大輔は
偶然にも船に乗り合わせていた環菜を発見する。



映画好きになるきっかけになった作品は?と聞かれたら
子供の時から何度も見た
『ポセイドン・アドベンチャー』や『タワーリング・インフェルノ』を
真っ先に思い出してしまうんですよね。

そう思うとパニック作品が私の映画好きのルーツなのかもしれません。

人の力ではどうすることもできない自然の災害や大きな事故に直面したとき
みんなで心を一つにして行動する姿って美しいじゃないですか。
素直に感動できますよね。


その中でも特に『ポセイドン・アドベンチャー』が好きだったせいか
大型客船(『タイタニック』)や潜水艦(『クリムゾン・タイド』)などの
海洋ものスペクタクル巨編やサスペンス作品を観てもワクワクするのです。

『ポセイドン・アドベンチャー』といえば
34年ぶりのリメイクとなる『ポセイドン』が もうすぐ公開ですね。
とっても とっても楽しみです るんるん


さて、本題の映画の感想は…

・・・・・



実は『海猿』は前作の映画もドラマも大好きなんです。

この『LIMIT OF LOVE 海猿』での
大型フェリー船救難活動のストーリーもさることながら
シリーズ当初から温かく見守ってきた
仙崎と環菜の恋の行方も気になっての映画鑑賞でした。



あ〜ん、良かったです!

感動して うるうるすることは、よくありますが
ポロポロ…と自然に涙が流れてきたのは久しぶり。。もうやだ〜(悲しい顔)


最近は 子供や弱い立場の人間を狙った悪質な事件があまりにも多く
人間の本性は悪であるという性悪説を感じ始めていましたが
こういう映画をみると
やっぱり人間っていいな…と性善説を信じたくなります。

男同士の熱い友情・信じるということなど
いろいろなことを感じさせてくれる作品です。


ツッコミどころも盛りだくさんですが
細かいところはおいといて、素直に「素晴らしい ぴかぴか(新しい)」といいたいですね。
posted by さくらこ at 20:37| Comment(3) | 愛は強し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、テレビドラマも見てました。
前作に続き、完成披露試写会でみたので、キャストとスタッフの舞台挨拶付き、マスコミプレス付き。ご縁がある作品なのかも。
時任さんは、今回室内の撮影だけで、6日で終わってしまったそうです。追加撮影があると呼ばれて、喜んで行ったら、それも2時間で終わり日帰りで、寂しかったと言ってましたよ。(笑)
今回は、ほんとにパニックムービーでしたね。結末はわかっていても、どうやって脱出するんだろう、どういう方法があるんだろうと思いながら、見てました。
Posted by MACHI at 2006年05月27日 22:42
前作&ドラマ大好きでした。
さくらこさんのブログを読んで、ますます見るのが楽しみになりました。
ありがと〜
Posted by くぅ at 2006年05月29日 14:15
>MACHIさん
こんばんは(^^)
MACHIさんは完成披露試写会でご覧になっていたのですね〜!
豪華キャストを生で見れたなんて、まぁ、羨ましい♪♪
私もそういうことにご縁があってほしいものです。

私はこの結末は全くわからなかったのですよ!
だから余計にドキドキ… 最後の最後まで楽しめました。
原作がマンガなので、ありえない〜〜〜と思う場面もいっぱいですが(笑)
前作の映画からドラマまで
これだけ楽しませてもらって「ありがとう」といいたいですね。

>くぅさん
こんばんは。くぅさんも大好きでしたか(^^)
『海猿』ファンは多いんですね〜!

前に『ダ・ヴィンチ・コード』を観にいったときに
ちょうど『海猿』を観終わった人たちとロビーで一緒になったんですよ。
『ダ・ヴィンチ…』を観終わった人たちは、ちょっと不満気な顔してる人が多かったのに対して
『海猿』の人たちは、目を赤くして大満足な表情をしていたのが記憶にのこっています。
その時に、次は絶対『海猿』だ!と決めたんですよ(笑)

大輔と環菜の恋の行方も気になるところでしょ?
是非、ご覧になってくださいね。
Posted by さくらこ at 2006年05月29日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。