2006年02月26日

イルマーレ

ilmare.jpg

1999年12月。“イルマーレ(海)”と名付けられた海辺の一軒家。
この家から引越していく 一人の女性(チョン・ジヒョン)が郵便受けに手紙を置いていく。
それは新たな住人に宛てたものだったが、その手紙は なぜか2年前である1997年
その家に住む青年(イ・ジョンジェ)の許に届いたのだった…



とってもいいお話でした。 映像がキレイ。音楽も良かった。

海辺の一軒家が またステキで。。 こんなところに住んでみたい(^^*


2年の時を隔てて存在する男女が手紙を交わすという、とても不思議なお話なので
始めからどんどん惹き込まれてしまうのです。




顔も知らない2人が 孤独な胸の中を語り合ううちに
少しずつ互いのことを意識していくのですが

存在している時間がずれているので
逢いたくても逢えない、思うように気持ちが伝えられないという もどかしさもあって
それがまた切なくて…

2人がどうなってしまうのか最後の最後までドキドキしてしまいました。


恋をするってステキなことだと思えるオススメの作品です。
posted by さくらこ at 00:38| Comment(0) | ロマンチックな恋物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。