2006年01月07日

コールドマウンテン

cold.jpg

たった一度のくちづけで、互いが運命の相手だと知った
インマン(ジュード・ロウ)とエイダ(ニコール・キッドマン)。
やがて南北戦争という激動の時代が2人を引き裂き
逢うことの叶わない3年の月日が流れる。

ある日、瀕死の重傷を負って生死の境をさまよったインマンは心に誓う
この命は、エイダへの愛に捧げるためだけにあるのだ… と。
回復したインマンは、迷うことなく
エイダの待つ故郷コールドマウンテンへの遠く危険な旅路を歩き始める。



レニー・ゼルヴィガーが
第76回アカデミー賞助演女優賞を始め、多くの賞に輝いた作品です。

さすが、レニー!といいたいところですが
ニコール・キッドマンの美しさにはかないません(比べるところが違うって?笑)

ジュード・ロウも、どんなに汚れていても ステキな人はステキ♪



たった一度のくちづけで 運命の相手だと知る…
こういうことってあるんですよね。


「その人がいるだけで生きていられる」

「その人のことを思うだけで強くなれる」


どんな絶望的な状況にあっても
心を支えてくれる愛(男女の愛・親子の愛・人間愛)があれば
人は強くなれるのです。


至高の愛と、登場人物それぞれの心の成長を描いた感動作品。
これはオススメです。
posted by さくらこ at 19:46| Comment(0) | 愛は強し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。