2005年12月17日

SAYURI

sayuri.jpg

9歳で花街の置屋へ売られた千代(チャン・ツィイー)は 下女として働いていた。
ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は
「会長さん」と呼ばれる紳士(渡辺謙)から優しく慰められ
いつか芸者になって会長さんに再会したいと願うようになる。

時が経ち、15歳になった千代は
芸者の中でも評判の高い豆葉(ミシェル・ヨー)に指導を受け
「さゆり」としてその才能を開花していく。
そしてついに、会長さんと再会することになるが…



花街で「芸者」として生きる女の覚悟と、女同士の闘い。
なかなか見応えのある作品でした。

日本語と英語が入り混じっているのはヘンだとか
チャン・ツィイーは、着物の着こなしから仕草、踊りまで中国人そのもの!
…なんていう、日本人ならでは突っ込みは この際やめて
西洋からみた花街の世界を存分に楽しんじゃいましょう♪


チャン・ツィイー、コン・リー、ミシェル・ヨー、桃井かおり、工藤夕貴。
とにかく女優陣がスゴイ! 迫力ありましたね〜

そして、「会長さん」を一途に慕う 千代の想いも良かった…


(以下、ネタバレになります)


好きな人がいるから
心の支えになってくれるものがあるから
どんなところにいても頑張れる、ってことありますよね。


「芸者」という辛く厳しい世界にいても
心の中にいつも会長さんがいたから生きてこれた。
…という話を、もう少し膨らませてくれると良かったのですが
ラストは、あっけないくらいのハッピーエンド(笑)


でも、ハッピーエンドとはいっても
正式な妻になれるわけではない「芸者」の女。

どんなに愛しても、妻の半分しか想ってもらえない… という最後の言葉が
切なく心に残ります。
posted by さくらこ at 22:22| Comment(7) | 純愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜♪
このブログのテンプレートの雰囲気と「SAYURI」の美しさと、さくらこさんの優しい気持ちが凄くマッチしてて思わず見とれました〜♪
そうなのですよね〜さゆりの一途な恋の物語として・・すでに観れないほど私はスレてしまったのかしらん(爆)かなり辛口な感想になってしまいました。観る前はちゃんとハリウッド映画なんだぞって覚悟して行ったつもりなんですけどね〜
女優さん達 皆頑張ってましたね^^男優さんたちすっかりかすんでしまいました(笑)
Posted by マダムS at 2005年12月18日 11:22
コメントありがと〜♪♪
マダムさんのブログは季節によってテンプレートを替えていて、ステキですよね。
私はこの「さくら」のテンプレートに一目惚れして、これが使いたいという理由だけでブログを始めたので、いくら季節が変っても、ここだけはずっと桜が咲いています(笑)心の中はいつも春のように温かく…って感じかな(^^*

「SAYURI」は、マダムさんのブログにも書かせていただきましたが、映画を見るまえに他のいろいろなサイトで酷評も聞いていたので、そのように、かなり覚悟していったから良かったんだと思います。映画の感想って、観る前の気持ち(期待して観るか、あまり期待しないでみるか)によって全然違いますよね(笑)

そうそう、渡辺謙・役所広司という大物俳優さんが出ていたのに、今はほとんど記憶にない…(^^; これは女優さんのための作品ですよね。
Posted by さくらこ at 2005年12月19日 17:35
ラストのハッピーエンドのあっけなさ!
やっぱり原作がアメリカ人ってこともあってのものかな〜っと思われましたが、妻の半分ってのは切ないですよねー。けど妻が1とも限らないかも・・・!?(爆;)
謙さんと役所さん、頑張ってましたけどね。
役所さんの台詞、日本語だったらもっと彼の上手さが出た気もしますね。
ホント、このさくらこさんのテンプレート暖かくて可愛くてホッとしますね。
全然違う話で恐縮ですが・・・
さくらこさんっていうと、最近また「花より男子」ですよね・・・終わっちゃったけど(^^;
Posted by ラクサナ at 2005年12月19日 22:58
私も色々突っ込みながら観ようと張り切って行ったら以外にも(!)ほんのりと感動してしまいました(爆)
ストーリー上でも演技でも、女の戦いは凄まじいものがありましたが、逆に謙さんや役所さんの落ち着いた演技に癒される所もありました。
それにしてもさくらこさんのテンプレートとSAYURIのスチール写真が雰囲気ピッタリですなあ。
連日の厳しい寒さに震え上がる中、しばし春を感じで心の中が暖まりますわ。(#^.^#)
Posted by みはまま at 2005年12月20日 08:18
ラクサナさん、みはままさん、こんにちは♪
レスが大変遅くなって申し訳ありませんでした。

2時間半という、わりと長い作品だったのに、それほどの長さを感じませんでしたよね。
“不思議世界”が良かったのかしら??
そして、ラストがあれだったので「おい、終わりかい!?」と突っ込ませていただきました。
だって、あのあとの役所さんとの関係はどうなるのか…とか気になりますもん(^^;

>妻が1とも限らないかも・・・!?(爆;)
確かに!!鋭いお言葉、ありがとうございました(笑)

ドラマ「花より男子」は見ていなかったのでわからないのですが
さくらこ、という女子が出てきたのでしょうか。
「桜子」とか「薫子」とかいう名前だと、淑やかなイメージでいいですよね。

>しばし春を感じで心の中が暖まりますわ。(#^.^#)
ありがとうございます♪
今日はこちら愛知県も朝から大雪で寒くてしかたないので
私もここで春を感じて温まっています(笑)
Posted by さくらこ at 2005年12月22日 16:47
Akoさん、あけましておめでとうございます。
お正月いかがお過ごしですか。
自分は昨日「SAYURI」を見てきました。
それがね。全く、予備知識なし(笑)
自分としては子どもたちに付き合って「ハリーポッター」を見るつもりだったんですよ。それがフラれてしまったものだから(苦笑)
でもおかげで女房と二人いい時間になりました。
映画には最初から最後までずっと引き込まれました。
やっぱり「豆葉」さんですかね。個人的な好みとしては(って何の話?)
Posted by D at 2006年01月02日 21:23
Dちゃん、あけましておめでとうございます。

12月はずっと忙しく
お休みになったら映画に行きたい・・
ゆっくりテレビが見たい・・本が読みたい・・買物に行きたい・・と思い続けて
それを支えになんとか乗り切ってきましたので(大袈裟、笑)
その思い通りにお正月はのんび〜〜り過ごしていました(^^)
ネットも殆どしなかったので、今日がネット始めです。
ご挨拶が遅くなりました、ごめんなさい。

『SAYURI』良かったですよね〜。
奥さまと2人で観られたということ。。相変らずのラブラブぶりですね♪

私も豆葉さんが一番好きです。
HPのBBSにも書いたかもしれませんが、女性の美しさというのは年齢ではないな〜と
この映画を見て改めて思いました。
Posted by さくらこ(Ako) at 2006年01月06日 11:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。