2008年07月05日

告発のとき

kokuhatu0.jpg kokuhatu1.jpg

2007年 アメリカ  監督:ポール・ハギス
トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン
ジョナサン・タッカー、ジェームズ・フランコ、ジョシュ・ブローリン

退役軍人のハンク・ディアフィールドは
イラクから帰還してくるはずの息子マイクが脱走したという知らせを受ける。
息子を探すために現地へ向かい
地元警察のサンダース刑事と捜索を開始するのだが…

2003年に実際に起きた事件を基に描かれた作品。



監督は「クラッシュ」のポール・ハギス。

キャストが、トミー・リー・ジョーンズ
シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドンときたら
もうそれだけで観たくなりますよね ぴかぴか(新しい)


戦争がもたらす悲劇が どれほどのものか
改めて考えさせられました。


オススメ度 ★★★★ 4 (悲しいけれど、見応えのある人間ドラマです)


* * * * *


(以下、ネタバレになります)



息子を失くしたことだけでも
胸が張り裂けそうなほど悲しいのに

事件を調べていくうちに明らかになっていく息子の“心の闇”


親として、こんなに悲しく、残酷なことはありません。


息子の言葉を思い出し
どうして救ってやれなかったのか…と
これから先ずっと悔やみ続けるのでしょう。


戦争は人の心を失わせ、人生を狂わせます。


とても悲しいお話ですが心にのこる一本です。

posted by さくらこ at 20:49| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。