2007年10月31日

ちょっとオススメDVD3本

先週末は 地元のお祭りで
準備、お祭り当日、翌日の片付けが終ったら
どっと疲れが…

年を感じる今日この頃です もうやだ〜(悲しい顔)


映画館へは、なかなか行けないので
せめてDVD鑑賞を… と

ごろごろしながら見た中の、ちょっとオススメ3作品です。



続きを読む
posted by さくらこ at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

ヘアスプレー

hair.jpg hair0.jpg

2007年 アメリカ  監督:アダム・シャンクマン
ジョン・トラヴォルタ 、ニッキー・ブロンスキー 、ミシェル・ファイファー
クリストファー・ウォーケン 、クイーン・ラティファ 、ザック・エフロン

おしゃれとダンスに夢中な女子高生トレーシーの夢は
人気テレビ番組「コーニー・コリンズ・ショー」のダンサーになること。
ある日、番組のオーディションが開催されると知ったトレーシーは
自分と同じく大柄な母親エドナの反対を押し切りオーディションに参加する。



ミュージカル映画が好きになる きっかけとなったのが
ジョン・トラヴォルタ主演の「グリース」だった私としては
この作品は嬉しい限り るんるん

だって、あのトラヴォルタが女装しているんですよ〜 exclamation×2
しかも、かなりふくよかな女性に。

その姿でアイロンをかけたり
夫役のクリストファー・ウォーケンと踊っちゃったりするんですから
思い出すだけでも、プププッ…


でも、この作品の見どころはトラヴォルタだけではなくて
ヒロインのトレーシーを演じるニッキー・ブロンスキーの愛らしさ。

笑顔がキュートだった〜 わーい(嬉しい顔)


こういう映画は見ているだけで 身体が自然に動いてしまうんですよね。
ミュージカルが好きな方にはオススメの楽しい作品です ぴかぴか(新しい)

posted by さくらこ at 22:06| Comment(3) | 青春ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

unknown アンノウン(DVD)

unknown.jpg

2006年 アメリカ  監督: サイモン・ブランド
ジェームズ・カヴィーゼル 、グレッグ・キニア 、ブリジット・モイナハン
ジョー・パントリアーノ 、バリー・ペッパー 、ピーター・ストーメア

廃棄工場に閉じ込められた5人の男たちは
誘拐犯と人質であるという記憶を失っていた。
それぞれの記憶が曖昧によみがえってくる中で
彼らは誘拐犯のボスがやって来る日没までに
自分たちの立場をはっきりさせようと探り合いを始める。



目が覚めたら、そこは見知らぬ場所
そして自分が誰なのか、記憶もなかった… というと
「CUBE」「ソウ」と同じで、最近ではもう お馴染みの設定ですが
ちょっと違うのが、その中の2人は被害者(人質)で
その他の3人は加害者(誘拐犯)であるということ。

このような場合
誰もがみんな「自分は被害者だ」と思うものなのですね。

やっぱり悪者にはなりたくないんだ(笑)


こういう作品は無名の俳優をつかっていることが多いのに
これは

ジェームズ・カヴィーゼル(「オーロラの彼方へ」「パッション」)
グレッグ・キニア(「ユー・ガット・メール」「リトル・ミス・サンシャイン」)
バリー・ペッパー(「グリーン・マイル」「メルキアデス・エストレーダの3度の埋葬」)
ピーター・ストーメア(「アルマゲドン」TVドラマ「プリズン・ブレイク」)

と、有名どころが出ているのが嬉しかったです わーい(嬉しい顔)

サスペンスとしても、なかなか見応えありでした。
posted by さくらこ at 18:30| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

天高く馬肥ゆる秋(日記)

子供のPTA役員をしているときは
秋は体育大会や文化祭があって
この時期は目が回るほど忙しかったのですが

それがなくても
秋はなぜだか忙しいのです。。どうしてだろう(謎)

まぁ、遊びの用事が半分だけどね(^^;


平日は勿論のこと
週末も、なかなか映画館へ行くことができません もうやだ〜(悲しい顔)

映画を見ないとブログの更新もできないわけで
ネットもすっかりご無沙汰。。


あまり更新できないのも淋しいので
ここで、最近読んだ本を少しご紹介。

続きを読む
posted by さくらこ at 09:30| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

ステキ〜♪アラン・ドロン

本日のビストロSMAPにゲスト出演したアラン・ドロン
もうすぐ72歳になるんですって exclamation×2

とっても とってもステキでした ぴかぴか(新しい)

若さの秘訣は “女性” だそうですよ(笑)


もう映画には出ないと話していましたが
彼が主演の切ないラブストーリーが観たいですよね。


あまりに感激してしまったので、ちょっと一言でした わーい(嬉しい顔)手(パー)



alan.jpg

若かりし頃のアラン・ドロン。。 でも今の方がステキかも〜ハートたち(複数ハート)

posted by さくらこ at 22:10| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜

lavieenrose.jpg lavieenrose0.jpg

2007年 フランス・イギリス・チェコ  監督:オリヴィエ・ダアン
マリオン・コティヤール 、シルヴィー・テステュー 、パスカル・グレゴリー
エマニュエル・セニエ 、ジャン=ポール・ルーヴ 、ジェラール・ドパルデュー

歌手を目指す母アネッタの娘エディットは
祖母が経営する娼館で娼婦のティティーヌらに育てられる。
やがて母のように道で歌い始めたエディットは
名門キャバレーのオーナー、ルイ・ルプレに見出されるが…



「愛の讃歌」「バラ色の人生」「水に流して」など
数多くの名曲をのこした歌姫 エディット・ピアフの人生を描いた
『エディット・ピアフ〜愛の讃歌』 を観てきました。

素晴らしい ぴかぴか(新しい) の一言につきますね。。 これはオススメです。


作品自体もそうですが
エディット・ピアフを演じるマリオン・コティヤールがすごいのです。

『TAXI』シリーズ、『ビッグ・フィッシュ』『プロヴァンスの贈りもの』では
現代的な女性を可愛らしく演じていた彼女ですが
この作品では全くの別人!
それだけ役になりきっているということですね。

主演作品で未見のものがたくさんあるので、これから見ていきたいと思います。

続きを読む
posted by さくらこ at 16:53| Comment(1) | 激しい愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。