2007年06月25日

プレステージ

prestige2.jpg prestige.jpg

2006年 アメリカ  監督:クリストファー・ノーラン
ヒュー・ジャックマン 、クリスチャン・ベイル 、マイケル・ケイン 、スカーレット・ヨハンソン
パイパー・ペラーボ 、レベッカ・ホール 、デヴィッド・ボウイ

若く野心に満ちたアンジャー(ヒュー・ジャックマン)と
ボーデン(クリスチャン・ベイル)は
マジシャン(マイケル・ケイン)の助手をしていた。
ある晩、舞台の事故でアンジャーの妻が亡くなったことが原因で
二人は敵対するようになる。
その後、彼らは一流のマジシャンとして名声を得るが
その争いは次第に激しさを増す。



ネタバレ厳禁作品なので
感想は↓で、ネタバレでお話します。

映画をご覧になってない方は絶対に読まないでください。

ごめんね (^^;


ネタバレの感想を読む
posted by さくらこ at 23:41| Comment(0) | 切ない愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

あるスキャンダルの覚え書き

aru2.jpg

2006年 イギリス  監督:リチャード・エアー
ジュディ・デンチ 、ケイト・ブランシェット 、ビル・ナイ 、アンドリュー・シンプソン

ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は
若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に興味を抱く。
家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは
シーバとの友情に固執するようになる。しかし、ある日、シーバの秘密を知り…



怖い、怖い、怖〜い がく〜(落胆した顔)

作られた映像のホラーやスプラッターよりも
こういった 人間の心理的な恐怖の方が、よっぽど怖い…


オスカー女優2人の対決も見応えありです ぴかぴか(新しい)

これは忘れられない作品になりそう。。


続きを読む
posted by さくらこ at 23:16| Comment(0) | 歪んだ愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

パワーむんむん(日記)

昨日は下の娘のダンスサークルの発表会にいってきました。
(東海地区学生ダンスサークル合同発表会)

若い子がいっぱいで、会場中 熱気ムンムン exclamation×2


ヒップホップやロックの音楽が ずっと流れていて
普通なら疲れそうなものだけど、すごく気分が良かったんです。

よく、「パワーをもらう」とか「パワーをとられる」なんていいますけど
そういうことって本当にあるんですよね。

若いパワーをたくさんもらったような気がします。


久しぶりに都会に出て、人込みで疲れたはずなのに
帰ってからも なぜか元気で
「何かやらなきゃ〜、何かやりたい exclamation 」と、ずっと考えていました。

(家にこもってDVD鑑賞ばかりじゃダメね ^^;)


今日はこれからプリザーブドフラワー教室。
先生や元気いっぱいのお友達のパワーを吸い取ってきま〜す わーい(嬉しい顔)手(パー) (笑)


レス、少し遅れます。。 ごめんなさい。
posted by さくらこ at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

ゾディアック

zodiac2.jpg zodiac.jpg

2006年 アメリカ  監督:デヴィッド・フィンチャー
原作:ロバート・グレイスミス
ジェイク・ギレンホール 、マーク・ラファロ 、ロバート・ダウニー・Jr
アンソニー・エドワーズ 、ブライアン・コックス 、イライアス・コティーズ

1969年、サンフランシスコ一帯に“ゾディアック”と名乗る連続殺人鬼が現れた。
管轄区内の4人の捜査官たちが殺人犯の捜査に奔走する一方で
まるで警察をあざ笑うかのように、不可解な暗号と手紙を残していくゾディアック。
やがて4人の男たちは
謎めいた手がかりばかりが残されるゾディアック事件に取り憑かれていく…



今日から上映開始の観たい作品がたくさんある中
一番に選んだのは やはりサスペンスのこの作品でした。


映画というよりも
犯人探しをする人々のドキュメンタリーを見ているようで
とても面白かったです。

2時間37分という長編ですが、時間の長さも感じませんでした。


『セブン』『ゲーム』『ファイト・クラブ』『パニック・ルーム』など
デヴィッド・フィンチャー監督の世界が好きな方にはオススメです ぴかぴか(新しい)

続きを読む
posted by さくらこ at 20:50| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

薬指の標本(DVD)

kusuriyubi.jpg

2004年 フランス  監督:ディアーヌ・ベルトラン  原作:小川洋子
オルガ・キュリレンコ 、マルク・バルベ 、スタイプ・エルツェッグ
エディット・スコブ 、ハンス・ジシュラー 、ソティギ・クヤテ

炭酸飲料工場で働いていた際に
薬指の先を切り落としてしまった21歳の少女イリスは
事故をきっかけに仕事を辞め、知人のいない港町へ引っ越した。
そして、森の中にある古びた3階建ての建物の標本室で
ミステリアスな雰囲気の標本技術士とともに働き始めるが…



小川洋子さん原作の、ちょっと不思議な物語「薬指の標本」が
フランス人監督によって映画化されると聞いたときは
「どうしてフランス?」と思いましたが

フランス人監督、俳優ならではの美しさがあって
これが官能的で良かったのです。


女性監督が描いただけあって
女性好みのエロティシズムとでもいいましょうか…

ドキドキでした キスマーク


続きを読む
posted by さくらこ at 20:52| Comment(2) | ラブサスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

ドラマ「天国の階段」

tengoku.jpg

チェ・ジウ、クォン・サンウ、シン・ヒョンジュン、キム・テヒ
リ・フィヒャン 、ハ・ジョエン、ジョン・ハンヨン、キム・ジスク

兄弟のように育ったソンジュとチョンソは、再会を約束して別れる。
しかしその8年後、記憶を失ったチョンソは死んだことにされ
別人・チスとして生きていた。
ソンジュは、チョンソの面影を追ってチスに近づくが…



今さらながら
韓国ドラマ「天国の階段」に、どっぷりハマってしまいました。

2003〜2004年に放送され、高視聴率を記録したということですが
私はなんで この頃に見なかったんでしょう(謎)

続きを読む
posted by さくらこ at 21:24| Comment(1) | 切ない愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

ちょっとオススメDVD 2本

近くのレンタル店が
6月10日から30日までの20日間
新作以外(準新作・旧作)が一本100円なんです るんるん


こういう時はドラマだと思って
「LOST(シーズン2)」をレンタルしたかったんですが
考えることは みんな同じで
ずら〜〜っと全部レンタルされていました もうやだ〜(悲しい顔)


やっぱ、朝イチでいかないとダメね。


続きを読む
posted by さくらこ at 17:46| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

ザ・シューター / 極大射程

syooter2.jpg

2007年 アメリカ  監督:アントワーン・フークア
マーク・ウォールバーグ 、マイケル・ペーニャ 、ダニー・グローヴァー
ケイト・マーラ 、イライアス・コティーズ 、ローナ・ミトラ

元海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガーは一線を退き
広大な自然が広がる山奥で隠遁生活を送っていた。
しかし、退役したアイザック・ジョンソン大佐が彼のもとを訪問し
大統領暗殺計画が発覚したため、ボブの力を借りたいと言ってくるが…



『眉山』『しゃべれども しゃべれども』『そのときは彼によろしく』と
このところ邦画が続いていたので (間に『パイレーツ…』入り)

たまには、スカッーーっとするアクションが観たくていってきました。


原作が、2000年の「このミステリーがすごい!」に選ばれただけあって
ストーリー展開も面白いし、迫力満点 exclamation×2


こういう映画はアクション重視なので、細かい突っ込みはなしです(笑)


マーク・ウォールバーグ、良かったです わーい(嬉しい顔)
見かけによらずマッチョなんですね。


アクションが好きな方にはオススメ☆

ただ、、見終わったらすぐに忘れてしまうんですよね
この手の作品は (^^;
posted by さくらこ at 08:53| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

そのときは彼によろしく

sonotoki2.jpg sonotoki.jpg

2007年 日本  監督:平川雄一朗  原作:市川拓司
長澤まさみ 、山田孝之 、塚本高史 、国仲涼子 、和久井映見 、小日向文世

ささやかながらも美しい水草の店を経営している遠山智史の前に
ある日突然、スーパーモデルの森川鈴音が現われる。
実は鈴音は智史の幼なじみの滝川花梨で、ふたりは再会を喜びを分かち合う。
二人はもう一人、親友で画家志望の五十嵐佑司のもとへと向かうが…



市川拓司さん原作の映画化『いま、会いにゆきます』『ただ、君を愛してる』は
その年の劇場鑑賞作品ベスト10に入れるほど大好きな作品 ぴかぴか(新しい)


それに続く この作品も
映画を先に楽しみたいと思って原作も読まずにいたのですが…

イマイチ感が残る作品でした (がっかり もうやだ〜(悲しい顔)


“この世界には、物理学の教科書にも載っていない強い力がある”

そんな 目に見えない力で繋がっている人がいる。。 という
とても素敵な お話なんですけどね。

続きを読む
posted by さくらこ at 21:21| Comment(0) | 純愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

これはダメ… 作品2本(DVD)

面白いサスペンス・ホラーを求めて
レンタル店内を さ迷う私。


怖いんだけど ストーリーがしっかりしていて
ドキドキ・ワクワクするような作品って
なかなか無いんですよね… (^^;


続きを読む
posted by さくらこ at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ドラマ「プロポーズ大作戦」より

ドラマ「プロポーズ大作戦」を見たせいか
昨夜は懐かしい友人たちの夢を見た


もうずっと昔のことで
思い出すこともなかったのに

夢って不思議。。


続きを読む
posted by さくらこ at 09:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

パイレーツ・オブ・カリビアン / ワールド・エンド

pirates0.jpg pirates3.jpg

2007年 アメリカ  監督:ゴア・ヴァービンスキー
ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ 、ジェフリー・ラッシュ
ジョナサン・プライス 、ビル・ナイ 、チョウ・ユンファ 、ステラン・スカルスガルド

ついに海賊の時代は終わりを告げようとしていた。
世界制覇をもくろむベケット卿は、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ
彼と最強のフライング・ダッチマン号を操り、海賊達を次々と葬っていく。
いまや海賊達が生き残る道はただ一つ。
9人の“伝説の海賊”を召集し、一大決戦を挑むのみだった。
だが、鍵を握る9人目の人物こそ ジャック・スパロウ その人だった…



観ようかやめようか悩みましたが、観てきました。

たしかに これは映画館で観てなんぼの作品。

映像 すごい〜 exclamation×2   ジョニデ かわい〜い ハートたち(複数ハート)


でも長すぎ… ふらふら


続きを読む
posted by さくらこ at 21:05| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

しゃべれども しゃべれども

syaberedomo.jpg

2007年 日本  監督:平山秀幸  原作:佐藤多佳子
国分太一 、香里奈 、森永悠希 、松重豊 、八千草薫 、伊東四朗

思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉。
そんな彼の教室に、無愛想で口下手な美女・十河五月
大阪から引っ越してきたものの、勝ち気なためにクラスに馴染めない小学生・村林優
毒舌でいかつい面相の元野球選手・湯河原太一が通い始める。



評判が良さそうなので観てきました。

そうですね、こんな言い方はよくないのかもしれませんが
普通に面白かったです わーい(嬉しい顔)


まず、キャストについて。

国分太一くんがいいですね〜
最近では司会者としてもバラエティでも大活躍の彼ですが
国分くんだということを忘れてしまうくらい落語家・三つ葉になりきっていました。

いつの間に、こんなに成長したんでしょう。
ジャニーズファンの私としては嬉しい限り ぴかぴか(新しい) (親の気持)

ヒロイン役の香里奈さんも
彼女には似合わないような無愛想で口下手な役柄を上手に演じていました。

脇を固めるベテラン勢の
松重豊さん、八千草薫さん、伊東四朗さんの素晴らしさは
改めて言うまでもありませんね。


で、驚いたのは、子役の森永悠希くん。
あまりに面白くて可愛いので、「どこの天才子役 exclamation&question 」と思ったら
オーデションで選ばれた新人だというじゃありませんか!もうビックリ。

彼がひと言いうだけで、あちこちからクスクスと笑え声が聞こえてくるくらい
観る人の心をグッとつかんでいました。これからの成長が楽しみです。


続きを読む
posted by さくらこ at 21:19| Comment(2) | 温かい愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

キンキーブーツ(DVD)

kinky.jpg

2005年 アメリカ/イギリス  監督:ジュリアン・ジャロルド
ジョエル・エドガートン 、キウェテル・イジョフォー 、サラ=ジェーン・ポッツ

父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー。
工場の起死回生に頭を悩ませる彼は
偶然出会ったドラッグクイーンのローラからインスピレーションを得て
ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。



こちらでは上映されなかった作品をDVD鑑賞。
評判通り面白かったです るんるん

これが実話を基に描かれた作品というからスゴイ。

ジョエル・エドガートン演じるチャーリーよりも
キウェテル・イジョフォー演じるドラッグクイーン、ローラが主役?と思うほど
彼の演技は素晴らしかったですね わーい(嬉しい顔)


* * * * *


最近は、大味な話題作を映画館で観るよりも
こちらでは上映されないミニシアター系の作品を探して
DVD鑑賞するのが楽しみになってきました。

昔なら、今上映中の『スパイダーマン3』『パイレーツ・オブ・カリビアン3』は
速攻で観にいくタイプだったんですけどね。。 まだ観てません(^^;

まぁ、観なくてもいいか…
posted by さくらこ at 22:46| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。